忍者ブログ

サロン ゆうわせん

鹿ヶ谷を経た池袋より平成十九年の晩秋、「http://secretservice.blog.shinobi.jp/」のプレゼントにて開局中。 ツヅリニコトバ ツムギニキオク…リズム&サイクルと私は、サロンに向けてコウカイチュウ。  

時間の花


 モモはまるで、はかり知れないほど宝のつまったほら穴にとじこめられているような気がしました。しかもその財産はどんどんふえつづけ、いまにも彼女は息ができなくなりそうなのです。出口はありません! だれも助けに入ってくることはできず、じぶんが中にいることを外に知らせるすべもありません。それほど深く、彼女は時間の山にうずもれてしまったのです。

 ときには、あの音楽を聞かず、あの色を見なければよかったと思うことさえありました。それでも、もしこの記憶を消しさってしまおうと言われたとしたら、彼女はどんな代償をもらおうと、やはりいやだとこたえたことでしょう。たとえその記憶の重みにおしひしがれて、死ななければならないとしてもです。なぜなら、今彼女が身をもって知ったこと──それは、もしほかの人がわかちあえるのでなければ、それを持っているがために破滅してしまうような、そういう富があるということだからです。──
PR

category

ツヅリニコトバ 
ツムギニキオク

b.p.m

<<おわり、そして新しいはじまり  | HOME |  灰色の男たち>>
Copyright ©  -- サロン ゆうわせん --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ